You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

Select Your Country or Region
送信

C. Okagaki

所属:サージカルワークフローズ事業部

入社:2019 年

Q1. あなたを3つのキーワードで表すとしたら何ですか?

Cheerful, Passionate, Diligent

 

Q2. なぜゲティンゲで働くことを決めたのですか?    

病院で看護師として働く中で、全てのスタッフが日々患者さんと真摯に向き合って働いているにも関わらず、忙しすぎるという現状に課題を感じていました。病院での電子カルテや部門システムの導入経験を通し、システムでの業務改善という部分で何か役割発揮ができないかと思っていたところ、INSIGHT のクリニカルスペシャリストの募集に出会いゲティンゲに入社しました。

 

Q3. ご担当されているお仕事について簡単に教えて下さい。

IT ソリューションである INSIGHT と Torin の製品担当をしています。デンマークやドイツの製造元と製品についてのやり取りから、日本でのマーケティング戦略計画、実際の商談でのお客様のニーズの把握や製品の導入まで幅広く関わらせていただいています。

・どのようにお客様と関わっていますか?

看護師としての経験から、医療現場の皆様の思いや困りごとをいち早くキャッチし、メーカーとしての立場でどのように解決できるのかを考える、病院とメーカーの間の架け橋になりたいと思ってお客様と関わっています。お客様の実際の声はもちろん、自身の経験も踏まえた一歩先の提案やサポートを心がけています。

・お仕事でやりがいを感じるところは何ですか?

INSIGHT / Torin は、病院スタッフの皆様の業務改善に直接携わることができるため、メーカの立場から病院スタッフの皆様が生き生きと働ける場を作るためのサポートができることがやりがいです。
病院で働いている時とは違い、実際の患者さんと接することは少なくなりました。しかし、現場の皆様の働きやすさや業務改善という点から医療に貢献できていると感じています。

 

Q4. 日々の仕事の中で、どのようにゲティンゲグループのコアバリュー「Passion(情熱)、Collaboration(チームワーク)、Openness(率直さ)、Excellence(最善)、Ownership(当事者意識)」を取り入れていますか?

ゲティンゲの一員として働く中で日々部署を超えた Collaboration や、自分自身のPassion と Ownership を意識しています。
Collaboration:同じ部署のメンバーだけでなく、実際にお客様へアプローチをいただく営業の皆様、日々の業務のサポートをいただくバックオフィスの皆様、すべての人がいて成り立つものだと思います。その中で自分の専門性や得意を生かす、かつ苦手部分をサポートいただきながら、お客様のそしてその先につながる全ての人が笑顔になれるようにと考えて業務に邁進しています。
Ownership/Passion:自分の担当製品がまだまだ日本での認知度が高くないため、製品担当である私自身が製品のすばらしさを日本で一番信じ、どのように日本の病院における課題解決に役に立てるのかということを常に考え続けています!!様々なことに好奇心をもち、日本でどのようにこの製品が活躍できるのかを日々考え、病院で働くスタッフと患者さんのため色々な取り組みをしていきたいと思っています。

 

Q5. あなたの考える Passion for life(生命への情熱)について教えてください。 

人と関わるということを、仕事でもプライベートでも大切にしています。
看護師として臨床の現場を離れても、自分自身の看護師として働くモチベーションは患者さんの笑顔だと思っています。なかなか今の仕事では患者さんと接することは少ないですが、お客様の先にある患者さんを含めた様々な人を想像して仕事をしたいと思っています。
また、プライベートで学生時代から参加している病気の子どもとのキャンプといったボランティア活動を通して元気をもらうこともあります。看護師という職業は病院だけでなく、様々な場面で活躍できると日々実感しているので、今後も色々な場面での役割発揮をしていきたいと思っています。