You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

Select Your Country or Region
送信

洗剤の自動処理

洗剤の自動処理による時間短縮とコスト削減

器材再生処理部門の洗剤管理システムで、リソースを最適に活用

ウォッシャーディスインフェクター・超音波洗浄器・用手洗浄用シンクに直接接続して、各ユニットの洗剤レベルを維持することができます。このシステムは、施設で使用される洗剤の量を正確に管理・測定します。

時間と費用の節約以外のメリット

オペレーションを改善し、総合的なコストを削減できるという間接的なメリットも数多くあります。

  • スタッフの怪我のリスクを軽減
  • 洗剤の収納量を減らし、限られた空間で省スペース化を図る
  • 包装材や洗剤の廃棄物を最小限に抑え、環境負荷を低減
  • 化学薬品の漏洩危険性の低減、化学薬品の取り違えの危険性の低減
  • 危険な化学物質へのスタッフの暴露を低減
  • システムの自動化による時間効率の向上 

下部動画は、Getinge 洗剤管理システム(Getinge CMS)がどのようにお客様の日常業務をサポートできるかを説明しています。

削減額について

手作業で行っていた洗剤の取り扱いを Getinge 洗剤管理システム(Getinge CMS)に置き換えることで、どのくらいの節約になるのか概算をお知りになりたい方は、ゲティンゲの営業担当までお問い合わせください。