You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

Select Your Country or Region
送信

自動化による
CSSD の最適化

CSSD の自動化で時間を節約し、ピーク時の作業負担を最小限に

人件費の最適化には様々な方法がありますが、器材の再生処理ワークフローの自動化がその一例です。自動化により、特定のステップにおける手作業を減らし、時間を節約します。さらに、時間の節約と作業負担の軽減にもつながります。

お客様のニーズに合わせ、スペースを利用してカスタマイズ

洗浄カートは自動ローディングコンベアに積まれ、ウォッシャーディスインフェクターが 1 台空くと、シャトルが自動的に次の洗浄カートをピックアップし、使用していないウォッシャーディスインフェクターまで運びます。

スタッフの安全と生産性の維持

ゲティンゲオートメーションシステムは、ウォッシャーディスインフェクターの効率を最大限に高めます。汚れた器材を洗浄、消毒、検査および梱包を行う場所まで安全に搬送することができます。

ケーススタディ:Varberg Hospital(スウェーデン) - 全自動ローディング&アンローディングソリューション

「以前のCSSDの洗浄室での作業は、体力の消耗や騒音で嫌がる人が多くいました。今ではその問題はなくなりました」