You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

Select Your Country or Region
送信

Maquet Volista手術用照明器

Maquet Volista surgical light
Maquet Volista StandOP surgical light with AIM mode
Maquet Volista  operating room light color temperature

Maquet Volista手術用照明器

販売名:ヴォリスタ
一般的名称:手術用照明器
製造販売届出番号:13B1X00176SW0039
医療機器の分類:一般医療機器、特定保守管理医療機器、設置管理医療機器


より鮮明に、より深く

手術の成功は、手術部位を正しく識別し対処する外科医の判断能力に大きく依存します。

手術用照明器をつけたままで

近赤外線(NIR)を用いた蛍光ガイド手術にも対応できる手術用照明器をお探しですか?Volista VisioNIR 照明モードで対応可能です。

フライヤーダウンロードはこちらから

概要

Maquet Volista surgical light

手術用照明器のさらなる進化へ

手術現場では長時間にわたり高い集中力が要求されます。 不適切な照明は、手術の進行を遅らせ、眼精疲労を招き、疲労によるミスにつながることがあります。 高品質な手術用照明器は、患者と外科スタッフに、より良い結果をもたらします。

Maquet Volista surgical light laminar air flow

安全性に配慮した手術が可能に

世界中の医療機関は、手術の安全性の向上を目指しています。 Maquet Volista 手術用照明器は、この手術の安全性の向上を念頭に置いて開発されました。

Maquet Volista operating light

外科医のニーズに合わせて適切に調整可能

Maquet Volista 手術用照明器は、外科医のニーズに合わせて簡単に照明を調整できます。 位置決めから照度調整まで、照明のあらゆる要素を容易に変更できます。

低侵襲手術に最適な視野を提供

Maquet Volista 手術用照明器は、灯体の中心部に緑色の環境照明を備えているるため、低侵襲手術中のモニターのグレアが最小化されます。 また環境照明により、照明を落とした手術室でも、外科スタッフは手術室内を安全に動くことができます。

お客様の評価

術野をよりクリアに見ることが可能に

手術の成功は、手術部位を正しく識別し対処する外科医の判断能力に深く関係します。 良質でクリアな照明環境は、組織の正確な判断と安全な治療を行うために非常に重要です。 外科医が最善を尽くせるよう、Maquet Volista 手術用照明器がサポートします。

こちらの動画では、デンマークのオーフス大学附属病院が Maquet Volista 手術用照明器の使用により、外科医の手術環境がどのように改善されたかをご覧いただけます。

イノベーション

手術用照明器をつけたままで蛍光ガイド手術に使用可能

近赤外蛍光イメージング(NIR)は、センチネルリンパ節、悪性細胞、石灰化など、切除が必要な組織を識別する際に問題となるさまざまな臨床ニーズに対応すると同時に、神経、血管、管、リンパ、腺など、他の組織や構造への干渉を回避し、手術リスクを低減することが期待される手法のひとつです。

Volista VisioNIR* は、手術スタッフが手術用照明器のオン/オフ切り替えをしなくても、照明を付けたままの環境下で近赤外蛍光イメージングを用いた蛍光ガイド手術が行えるようサポートします。

*Maquet Volista StandOPのオプション

フライヤーのダウンロードはこちら

Maquet Volista operating room light color temperature

最適な色温度の選択*が可能に

より良い視覚化ニーズは外科医ごとに異なり、組織の認識を高めるには、手術の手順ごとに異なる色温度が必要になることがあります。Maquet Volista 手術用照明器は3900K、4500K、5100Kから選択できる色温度調整機能を備えています。
Maquet Volista StandOP 手術用照明器の単一白色 LED と独自に開発された三つのレベルコールドフィルターシステムは、色付きの影を作ることなく色温度の変換を可能にし、選択された設定や製品の使用年数に関係なく、安定した色温度を提供します。 コールドフィルターは、LED から放射されるブルーライトのピーク色を軽減します。

Maquet Volista surgical light LMD

患者に集中できます

Maquet Volista StandOP 手術用照明器で利用される輝度管理システム(LMD)により、最適な視力が維持され、輝度の過剰な変動に対応する必要がなくなります。

手術の開始から終了まで、明るい組織や暗い組織にかかわらず、事前に登録した設定に応じて、輝度が自動的に調節されます。 輝度管理システム(LMD)により、光の明るさ調節が自動になりました。 このテクノロジーは、光の明るさを自動補充して、2 つのライトヘッドが重なり合うときでも放射照度の安全レベルを維持することにより、有効な光を最大化し、安全性を高めます。

Maquet Volista operating light AIM

一定で有効な光を実現

Maquet Volista StandOP 手術用照明器で利用される障害物自動感知システム(AIM)により、灯体下に頭部遮蔽された部分の光は自動補正され、頭部遮蔽されていない LED の照度が上がります。 独自に開発されたこのユニークなシステムは、影を最小限に抑え、一定で有効な光を提供します。明るさの再調整は不要です。

状況の変化に合わせて、クリアで一貫した明るさを提供

独自に開発された輝度管理システム(LMD)が Maquet Volista StandOP 手術用照明器で利用できるため、手術中の輝度は一定に保たれます。 LMD は、外科医が眼精疲労なく術野をクリアに見ることをサポートします。 

 

 

 

 

ダウンロード

関連する製品

Maquet PowerLED II

手術効率をさらに高めます。 販売名:マッケ手術用照明器 パワー・レッドII 製造販売届出番号:13B1X00176SW0050

Maquet PowerLED II:詳細へ

Maquet Lucea

あらゆる診療科で視認性を向上

Maquet Lucea:詳細へ