You are visiting a website that is not intended for your region

The page or information you have requested is intended for an audience outside the United States. By continuing to browse you confirm that you are a non-US resident requesting access to this page or information.

Switch to the US site

Select Your Country or Region
送信
Advanced hemodynamic Monitoring

循環動態モニタリング

 

複雑な循環動態を把握するために

重篤な患者の命は、適切な治療方針の決定にかかっています。重症患者は様々な臓器不全が生じている状態であり、適切に治療方針を決定していくためには信頼できる情報が必要となります。信頼できる循環動態パラメータの表示は、患者に最適な治療法を決定するのに役立ちます。[1]

循環動態モニタリングとは

モニタリングは、それ自体が患者の死亡率や罹患率を下げるものではありません。しかし、できるだけ早い段階で治療計画を立て、個々の患者に合わせた目標指向型の治療を適用するために必要な情報を提供します。

幅広い情報の原因を特定していくために、様々なパラメータを表示し方針決定の基盤として使用することができます。

治療戦略の個別化

集中治療を必要とする患者は、血行動態が不安定な状態を伴っていることがしばしばあります。体液量の状態や治療法の選択肢が不明確であるため、輸液を投与するのか、血管収縮剤を使用するべきか、強心剤を使用すべきかなど、適切な治療戦略を実施することが困難な状態です。

十分な臓器灌流と最適な組織酸素化が非常に重要です。同時に、肺水腫やガス交換の妨げになる可能性のある過剰輸液を避けることも重要です。

そのため、高度な血行動態モニタリングは、救命治療戦略の実施に重要な役割を果たしています。[2]

信頼性の高いパラメータを表示し診断をサポート

集中治療を要する患者において、循環動態のモニタリングは非常に重要です。PiCCOは、心拍出量やその決定因子である前負荷、後負荷、収縮力などの血行動態パラメータを低侵襲に測定することができます。さらに、ELWIパラメータは、肺血管外水分量の評価が可能です。経肺熱希釈法を通して得られた信頼性の高い血行動態パラメータは、重症患者に対する個々の最適な治療法を決定するのに役立ちます。

PiCCO について

患者の周術期の輸液管理をサポート

ProAQT は、周術期目標指向型輸液療法をサポートします。動脈圧波形解析法(パルスカンタ法)による循環動態パラメータを数値として毎拍更新して表示するため、患者状態をシンプルに素早く把握することが可能です。

ProAQT について

CeVOX advanced hemodynamic monitoring of patient's oxygen balance

組織の酸素需給バランスを維持

主要臓器は低酸素状態に非常に敏感に影響を受けます。CeVOX は、ScvO2 の連続モニタリングを行い、組織酸素代謝の状況を簡易的に把握することができます。

CeVOX について

患者のリスクレベルを継続的に把握する

血行動態パラメータを一目で把握できること、またパラメータ間での相互作用も確認できることで、即座にターゲットを絞った治療方針を調整していくことが可能です。また、患者の血行動態の変化を継続的に把握することで、それぞれの患者に合った治療戦略を調整することができます。

循環動態モニタ PulsioFlex について

参考文献

  1. Goepfert M, et al.,
    Individually Optimized Hemodynamic Therapy Reduces Complications and Length of Stay in the Intensive Care Unit: A Prospective, Randomized Controlled Trial. Anesthesiology 2013;119(4):824-836.

  2. Busse L, Davison D, Junker C, Chawla L.
    Hemodynamic Monitoring in the Critical Care Environment,
    Advances in Chronic Kidney Disease 2013

  3. Yuanbo Z, Jin W, Fei S. et al.
    ICU management based on PiCCO parameters reduces duration of mechanical ventilation and ICU length of stay in patients with severe thoracic trauma and acute respiratory distress syndrome. Ann. Intensive Care 6, 113 (2016).
    https://doi.org/10.1186/s13613-016-0217-6